そこでまた手を止める

女友達は可愛いとばかりに、元彼の股関を弄くり倒し、キスをしながら裏筋を手でなぞったり、カリを撫で回したりとしていると、元彼のオチンチンからは我慢汁が溢れ出しており、ローションが塗られたようになっていたそうです。

そこまでなると、元彼も我慢の限界に達したようで、挿入したくてたまらず、ウネウネしていたそうですが女友達によがると「ダーメッ」とじらしたそうです。

そこで女友達が止めると、元彼はして欲しそうに甘えてくるので、それが可愛くまた弄るとよがってくるので、そこでまた手を止めるという男性からすると苦痛のプレイに。
弄って止めて、弄って止めての繰り返しを何時間もしていると、元彼は頭がおかしくなっていたそうです。

結局、そのまま挿入はせずにプレイは終わったそうです。

女友達は「女王様プレイとなった」と言っていました。